社員インタビュー04

「1年目からチャレンジできる環境であること」を実感
careermodel04
花ごよみ東京

小泉 麻樹

2020年新卒入社

2020年-現在 花ごよみ東京

01.現在担当している仕事内容について

レストランでの時間帯責任者

現在は朝食・ランチの時間帯責任者として、主に営業準備、ホールでの接客、先予約のお客様への確認連絡をしています。花ごよみは日本食・会席レストランとしておもてなしの心を大事にしており、ホールスタッフはお客様の様子を把握できるいちばん近い存在です。スタッフ同士の連携を大事にし、お客様と料理人を繋ぐ存在となることで、店舗全体でエクセレントサービスができるように心掛けています。お客様によって求められる接客が異なりますが、とてもやりがいのある仕事です。

02. 仕事をする中で大切にしていることは何ですか?

お客様への「目配り・気配り・心配り」

細かな目配り・気配り・心配りを常に大切にしています。レストランはいつどのようなお客様が来店されるかわからない場合が多くあり、花ごよみには常連様やビジネスの方、お一人様、お子様連れなど様々なお客様がいらっしゃいます。なので、来店時からどのような目的でいらしているのか、どのような席が喜ばれるか等も考えてご案内します。
最適なタイミングで声を掛ける、お皿を下げる、お飲み物を出すために、お客様の様子はしっかり見るようにしています。

03. これから挑戦したいことは何ですか?

人気イベントの企画責任者に

イベントの企画をやってみたいと考えています。花ごよみには「梅酒BAR」や「日本酒BAR」といった人気イベントがあり、先輩方が企画しているのを見てきました。
通常業務と並行しながら何ヶ月も前から企画内容を考え、各部署や業者との打ち合わせを重ね準備をすることは簡単なことではないと思いますが、自分の成長にも繋がる貴重な機会だと思います。
また、花ごよみでの勤務を通して和食や日本酒について知識を深めたいと思ったので、専門的に勉強しようと考えています。

04.龍名館に入社しようと思った決め手は何ですか?

若手のうちから「やりたい!」と言える環境

歴史ある会社であるにも関わらず、若手の社員が主体となって活躍できる場所が多くあること、伝統あるものは残しつつ、新しいものも随時取り入れていくというところが決め手でした。
実際に現場に入り、プロジェクトがどのようなものかを知り、また1年目から時間帯責任者になることを目標として勤務してきて改めて、やりたいという声を重視してくれる会社だと実感しています。
責任感はもちろん求められるので大変かとは思いますが、ここでの経験は必ず自分の力になると思います。

05.龍名館の社訓 「人の和」を感じたエピソードを教えてください。

立場に関係なく、お互いを助け合える

龍名館は先輩やアルバイトの方々との距離が近く、自分のことのようにお互いを助け合える人が集まっていると感じます。
私が2年目に上がったばかりの頃、毎日後輩の指導の仕方に悩み、自分の仕事ともうまく両立できずにいた時期がありました。そのことを同じ部署の先輩に相談したところ、励ましの言葉をかけて頂き、時間をかけて指導法や仕事の進め方のアドバイスをもらい、とても心が軽くなりました。
また社歴の長いアルバイトの方々も日頃から親身に話を聞いてくれるので助けられています。

龍名館で一緒に働きましょう!
メッセージもぜひご覧ください!

Others

その他のインタビューをみる

坂上 克仁
坂上 克仁日本茶インストラクター
Read More
1899ブランディング強化のために、数々の挑戦。
山本 寛
山本 寛ホテル龍名館東京 アシスタントマネージャー
Read More
お客様にもスタッフにも、より愛されるホテルするために
恩田 将司
恩田 将司花ごよみ東京 調理部 主任
Read More
お客様の笑顔を引き出す料理を創る。
小泉 麻樹
小泉 麻樹花ごよみ東京
Read More
「1年目からチャレンジできる環境であること」を実感
宮澤 夕葵美
宮澤 夕葵美REATAURANT 1899 OCHANOMIZU
Read More
接客やサービスを通して、食事を愉しんでいただく。

龍名館で一緒に働きませんか?

龍名館では新卒採用、キャリア採用、アルバイト採用を積極的に行っています。
あなたのエントリーをお待ちしております。