環境への取り組み

龍名館グループは、企業理念「働く人たちが自慢でき、誇りを持てるビジネス」「地域に根を張ったビジネス」の実現を目指し、持続可能な環境づくりに努めることの重要性を十分に認識し経営活動を行っています。当社は、全社員が一丸となり、環境に配慮した事業運営と社会貢献を行い、持続可能な社会と企業の成長の実現を目指すとともに、龍名館グループに関わる全ての皆様と継続的な対話や協働を行っていきます。

hand holding glass globe ball with tree growing and green nature blur background. eco concept
ホテル

プラスチックアメニティの使用削減

龍名館グループのホテルでは『プラスチック資源循環促進法』( 2022年4月から施行)に則り、使い捨てプラスチックの使用量削減に取り組んでいます。 お客様におかれましては、ご不要なアメニティの申告にご協力いただけますと幸いでございます。
対象となるアメニティは歯ブラシ・ヘアブラシ・コーム・シャワーキャップ・レザーです。上記5点の中でご不要のアイテムがございましたら、ご予約情報の入力時にご申告ください。 ご申告いただいたアイテムのみアメニティセットより取り除かせていただきます。
ご滞在中に必要になられた際には改めてご用意いたしますので、どうぞお気軽にお申しつけください。

【対象アメニティ】歯ブラシ・ヘアブラシ・コーム・シャワーキャップ・レザー
【対象施設】ホテル龍名館東京、ホテル龍名館お茶の水本店、ホテル1899東京

レストラン

一部プラスチック製品の使用を抑制しています

龍名館グループのレストランでは『プラスチック資源循環促進法』( 2022年4月から施行)に則り、使い捨て(ワンウェイ)カトラリーの使用量削減に取り組んでいます。各レストランにおいて、使い捨て製品を使用する場合は、以下の取り組みを行っています。 

フォーク:木製製品の使用
スプーン:バイオマスプラスチック製、または木製製品の使用。
ナイフ:木製製品の使用。
マドラー:バイオマスプラスチック製製品の使用。
ストロー:バイオマスプラスチック製製品の使用。(2022年7月より)

【対象施設】花ごよみ東京、レストラン1899お茶の水、チャヤ1899東京