レストランスタッフ


学生の時のアルバイトがきっかけで飲食業に進もうと考えました。その頃、「就職」について漠然と不安を感じていたこともあり、社会勉強も含めて、自分に向いている職業・やりがいのある職業を見つける為に多業種のアルバイトを経験しました。その中で出会ったのが、飲食業でした。

小さな仕事一つ、お客様に対する言葉遣い一つによって、良くも悪くも飲食業の印象は大きく変わってしまいます。そこが非常に難しい点でもありますが、やりがいを感じ将来の職にしようと考えたのが始まりでした。その中で出会ったのが龍名館です。龍名館の飲食業に対する考え方に加え、積極的な人材育成制度を掲げていることから、他の会社では経験の出来ないことに若い時期から携われると考え、是非この会社で働きたいと思いました。




入社後、大変だと感じたことは労働時間もさることながら、ネームブランドを背負ったという責任感の重みです。アルバイトの頃には感じなかった自分の言動の影響力を身に染みて感じるようになりました。それゆえ、諸先輩方のご指導のおかげで一番役に立っているかつ、感謝している事は、礼儀作法・言葉遣いについてです。基本的なことではありますが、この二つのことに対して、今まで以上に意識をするようになったことで自分の中での接客が変わったように感じております。




レストランスタッフ

主にキッチンを担当しているわけですが、ホールでの接客も積極的に行っています。接客を通してお客様とお話するのも楽しみの一つです。お客様との何気ない会話から、新メニューのヒントをいただく様なこともあります。
そのため、特に意欲的に取り組んでいるのは、お勧めメニューの考案です。四季・旬の食材・お客様のニーズなどを考慮し より魅力的でお客様に楽しんで召し上がって頂ける商品を日々考えています。

また、後輩育成にも努めており、調理技術はもちろん、社会人として恥ずかしくない礼儀作法・言葉遣いが出来るようにという点を念頭に置き指導しています。





自身の知識・スキルを向上させ、料理長の代わりが務まるようになりたいです。今現在では、ランチタイムの時間帯責任者を務めておりますが、今後はディナータイムの時間帯責任者も目指しています。また、メニュー開発にも興味があるので、「龍名館と言ったらコレ!」という名物メニューを考案していきたいです。

インタビュー

  • 石黒 晶子
  • 児玉 敦啓
  • 山﨑 千尭
  • 長谷川 魁
  • 伊東 千津