龍名館は、明治32年、東京・日本橋室町で江戸時代から営業していた名倉屋旅館の分店として、初代濱田卯平衛が、東京・神田区南甲賀町(現・東京都千代田区神田駿河台)の地に創業しました。龍名館という名は、濱田卯平衛の姉の名前 「辰」と、名倉屋の「名」にちなんだものと伝えられています。
時代の発展とともに、呉服橋店(現 ホテル龍名館東京)の出店など、龍名館も発展を重ねてきました。

大正12年の関東大震災にて当時営業していた全店を焼失、また昭和20年には第2次世界大戦の空襲にて一部の店舗が焼失するなど、日本の歴史とともに幾度の苦難を乗り越えてきました。

現在、龍名館は、六本木の地に日本料理「花ごよみ六本木」を出店。2009年には「旧ホテル八重洲龍名館」が建て替えられ、「ホテル龍名館東京」として開業。135室の宿泊主体型ホテルとして、2012年から5年連続でミシュランガイドに掲載されるなど、高い評価をいただいています。また同ホテル内にも「花ごよみ東京」を出店しています。2014年には創業の地である「旧 旅館龍名館本店」を、9室の高価格帯ホテル「ホテル龍名館お茶の水本店」としてリニューアルし、こちらもミシュランガイド東京2015、2016に掲載。また同ホテル1階には新ブランド「GREEN TEA RESTAURANT 1899 OCHANOMIZU」を立ち上げました。

さらに昨今、ライフスタイルや働き方の多様化に伴う変化に対応するため、積極的に人材育成制度を始めとする社内体制の見直しも続けております。

創業から100余年経過した今、龍名館は「200年の礎」を築くため新たな体組織制、ビジネス像を模索しています。どんな時代の苦難も乗り越え、新たな価値を創造できるよう、私達は挑戦し続けていきます。