年越しそばの由来とは?年越しそばはいつ食べる?

年越しそばの由来とは?年越しそばはいつ食べる?

「年越し」「大晦日」と言えば何を思い浮かべますか?
大掃除や除夜の鐘、お正月の準備など、様々な行事がありますが、年越しそばを大晦日の風物詩として思い浮かべる方が多いのではないかと思います。

今でこそ全国的な大晦日の行事となった年越しそばですが、そもそもいつから始まった行事なのかご存知ですか?また、大晦日に食べるものということは知っていても、大晦日のいつ、どのタイミングで食べるのが良いのかを答えられる方は少ないと思います。

いつから始まったものなのか、いつ食べるのが良いとされているのか、年越しそばに関する正しい知識を身に付けて、今年の大晦日に備えてみてはいかがでしょうか。

年越しそばの由来

1年の締めくくりである大晦日に食べる年越しそば。 古くから伝わる、いわば年越しの風物詩のようなイメージですが、この文化はいつから始まったのでしょうか。

1756年刊行の書物「眉斧日録(びふにちろく)」に、『闇をこねるか大年の蕎麦』という記述があり、また1814年に刊行された「大坂繁花風土記」にも年越しそばが登場します。
このことから、年越しそばは江戸時代にはすでにひとつの行事ごととして定着していたことがわかります。

年越しそばの起源は、江戸時代中期に、大阪の商家主人が忙しい晦日(月末)に働いてくれた奉公人をねぎらう意味で食べられていた「三十日(みそか)そば」だと言われています。

そばの原料であるそばの実は非常に栄養価が高く、江戸時代に流行した脚気(かっけ)という病気に効果があったことや、ハレの日に食べる縁起物ものでもあったことで三十日そばの習慣が一般的に広まり、お正月の準備が終わった大晦日に年越しそばを食べる現在の風習につながったという通説があります。

年末の家族団らん、年越しそばを一緒に食べながらいつから始まった行事なのかをご家族にお話しされてみてはいかがでしょうか。

年越しそばの意味とは

それでは年越しそばを食べることにはどんな意味があるのでしょうか。 その意味には諸説あるのですが、有力とされているものは5つです。

1.厄払い
そばはほかの麺類に比べて切れやすいことから、「1年の厄災や苦労を切り捨てて翌年に持ち越さない」という願いを込めて年越しそばを食べる、というもっとも有名な説です。
そこから悪いものと縁を切り、新年を気持ちよく迎えたいという意味が込められた「縁切りそば」という年越しそばの別名が付いたとも言われています。

2.長寿祈願
そばは細く長い麺であることから、延命や長寿を祈願して食べることが年越しそばを食べる意味と言われています。引っ越しの際に贈る引っ越しそばもこの意味が込められています。

3.健康祈願
年越しそばの原料であるそばの実が、激しい雨風を受けてもその後の晴天で日光が当たるとすぐ元気になることから、健康への縁起を担ぐものとして食べられるようになったという謂れです。

4.金運上昇
昔、金細工職人はそば粉を団子状にしてその団子に金粉や銀粉をくっつけ、団子を水に入れてそば粉を溶かすことで、が金粉銀粉を集めていました。
また金箔を延ばすときもそば粉を用いたこともあり、そばは金を集める縁起物であるという考えが生まれたそうです。

5.運気上昇
古く鎌倉時代には博多の承天寺で貧しい人々へ、年越しのための「世直しそば」というそば餅を振舞っていました。
その「世直しそば」を食べた人は翌年から運が向いてきたそうで、そこからそばを縁起物と考えるようになり、年越しそばにつながったという説です。

年越しそばを食べる正しい時間

先ほどの「一年の厄災や苦労を切り捨てて翌年に持ち越さない」という意味から、年越しそばは大晦日に食べるもので、年が明けてから食べるのはよくないとされています。

それでは年越しそばはいつ食べるのが良いのでしょうか。大晦日に食べる正しい時間はあるのでしょうか。いつ食べれば良いかを迷っているうちに年が明けていた、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実は年越しそばには、いつ食べなければいけないというような決まった時間はありません。
大晦日に食べ終われば、いつ食べても良いと言われています。

そのため夜はお正月の準備で忙しいのでお昼に食べる人もいますが、除夜の鐘を聞きながら風情を感じるために年越しまであと少し、という12時近くに食べる場合が多いようです。

そばは低カロリーで消化も良い食べ物なので、夜食として最適なことも起因しているのかもしれません。

このように年越しそばを食べる時間には、いつ食べるべき、のような決まりはありません。
ただしそばを残してしまうと「新しい年は金運に恵まれずに小銭にも苦労する」という謂れもありますので、残さず食べるようにしましょう。

各地域の年越しそば

日本全国で食べられている年越しそばですが、地方によってその種類も様々です。最後に各地方で食べられている年越しそばを紹介します。

にしんそば(北海道・京都府)
「にしんそば」はかけそばにニシンの甘露煮を乗せたもので、京都府では古く明治時代から名物となっており、現在でも年越しそばとしてにしんそばが食べられています。
このにしんそばに使われている身欠きニシンの名産地である北海道でも、このにしんそばは広く一般的に食べられています。

釜揚げそば(島根県)
割子そばが有名な島根県ですが、年越しそばでよく食べられているのは「釜揚げそば」です。
釜揚げそばは、釜や鍋でゆでたそばを茹で汁一緒にお椀によそい、出雲そばで使用するつゆをかけてそのまま食べます。地元のねぎやもみじおろし、海苔を乗せて食べることで地方それぞれの特色を味わうことができます。

越前おろしそば(福井県)
福井県で食べられている「越前おろしそば」は一般的なそばよりも麺が固く、辛味大根おろしを乗せて食すのが特徴です。 大根おろしを乗せるのには、そばつゆも醤油もない時代に大根汁でそばを食べたことに由来しているそうです。

このように全国様々な種類がありますが、地域によっては年を越してから年越しそばを食べる風習があります。

福島県の会津地方の一部では、「元日そば、二日もち、三日とろろ」という言葉が残っている地区があり、元日にそばを食べ、家は二日に餅を食べる習慣があるそうです。

年越しそばは古くから伝わる日本の伝統行事です。
何かとせわしない一年を終えた大晦日は、その一年を振り返りながら来年への祈願とともに年越しそばをゆっくり味わってみてはいかがでしょうか。

ホテルで食べる年越しそば

東京駅八重洲北口より徒歩3分にあるホテル龍名館東京では、大晦日の夜に年越しそばを無料でご提供予定です。
年末年始限定の宿泊プランもご用意しておりますので、年越しは是非当ホテルご利用くださいませ。
ご提供時間:2021年12月31日 21:00~22:00(L.O.21:45)
※年越しそばはご宿泊者様限定です。